ほんとのところどうなの?ブランド品を高価買取してもらう最適な時期とは?

衣料は衣替えの前に買取に出す

ブランド品は、毎年、シーズン毎に様々な新作が発売されています。発表されるデザインは、季節や流行によって決められるので、シーズン毎に違いがあるわけです。ブランド愛好者側としては、常にシーズンに適ったアイテムを揃えたいと思うので、適切な時期を選ぶことでブランドの高価買取につなげることができます。特に衣料の場合は季節が重要で、有名ブランドでも季節を間違えると、高く売ることは出来ません。到来する季節を見据えた上で、自分の持っているブランド衣料のうち、他者が欲しがると予想されるものを買取に出すのがポイントです。一般的には、衣替えの季節の前にあたる、5月や10月に買取に出すのが良いと言われています。また、冬物のブランド衣料の場合は、多少デザインが古くても、比較的に高価買取してもらえることが多くなっています。特に毛皮製品は購入時と比べても、遜色ないことが珍しくありません。

ヴィンテージアイテムは値崩れしにくい

衣料に限らず、ブランド品は流行に敏感です。それ故、ブランドアイテムを高価買取してもらうには、流行を見誤らないことが肝心です。リサイクルショップなどでは、ノーブランドの定番アイテムに一定の需要がありますが、ブランドアイテムは売れる時期が限られています。その背景には、ブランド愛好者は常に最新のデザインを求める傾向にあるからで、トレンドが過ぎれば購入時の5パーセントにも満たなくなることがざらです。但し、定番とされるアイテムは、値崩れしにくい傾向にあり、ヴィンテージのようなレア物になると価格以上の価値が付きます。そして、トレンド性の強いブランドアイテムの場合は、トレンドが過ぎない内に買取に出すことが、高価買取を実現するためのポイントになります。